高麗人参

 当院では、およそ70種類の漢方を採用し(保険適応)、
西洋医学では十分に対処しきれない様々な症状を治療
しています。

 症状         漢方治療  
冷え・のぼせ  のぼせは冷えの裏返しです。当帰四逆加呉茱萸生姜湯や人参養栄湯など。
むくみ  五苓散、防已黄耆湯を使います。利尿剤の欠点を補うように使います。
肥満  まずはカロリー制限と運動。その上に防風通聖散などを使うと効果的です。
しびれ  シビレの原因がむくみや血行障害なら、それを治療することで軽減します。

また、次のような症状は西洋薬でも対処できますが、漢方薬では一人ひとり の体質にあわせたきめ細かい治療が可能です。

 症状         漢方治療  
 風邪の諸症状    漢方では、風邪の症状・時期によって使う薬が違います。
 食欲不振   ガスモチンという薬もありますが、六君子湯が良く効きます。
 口内炎  ビタミンB2やB6とともに半夏瀉心湯を飲むと効果的です。
 下痢  強い下痢止めより、乳酸菌製剤+五苓散のほうが体にやさしい。
 便秘   体力の落ちた人は、強い下剤より潤腸湯などが良さそうです。
 体力低下   補中益気湯、十全大補湯など、漢方の得意とする分野です。
 アトピー性皮膚炎   体質・症状に合わせて、温清飲や補中益気湯などを使い分けます。
 尋常性乾癬   難治性の皮膚疾患ですが、桃核承気湯などが有効の場合があります。
 骨粗鬆症   骨粗鬆症の薬が胃にさわる人は、桂枝加朮附湯で骨量も増えています。
 更年期障害   これも漢方が得意な分野で、当帰芍薬散はじめ多くの漢方があります。
 関節リウマチ   たとえば柴苓湯。これは抗炎症効果があり、ステロイドの減量や副作用軽減 に有効です。

トップページへ ⇒