【診断】 閉塞性動脈硬化症

下肢の動脈が詰まって筋肉の血流が悪くなった症状です。

【治療】

 基本的には、様々な検査(CTなど)で血管の詰まった部分を調べます。症状によっては血管を広げる 手術が必要です。当院では、この治療は行っていないので専門病院に紹介をしています。

 その他、手術適応でない場合には次のような治療法があります。
  1. <内服薬> 血管を広げる薬や、血管を詰まりにくくする薬を使います。
  2. <腰部交感神経節ブロック>  これは交感神経をブロックすることにより、下肢の血流を改善します。当院では日帰りで可能です。

<注意>
  休みながらでないと歩けない状態を間歇性跛行と言いますが、他にも腰椎の神経の通路が狭くなる 腰部脊柱管狭窄症などでおこります。間歇性跛行があればきちんとした診断を受けて下さい。

前のページへ ⇒     整形外科トップページへ ⇒