【診断】

  1. 若い人の場合         ⇒ 腰椎椎間板ヘルニアの初期症状
  2. 高齢者の場合         ⇒ 圧迫骨折の急性期
  3. 時間経過とともに疼痛が増す場合⇒ 脊椎腫瘍・感染 などの可能性

【治療】

  1. 腰椎椎間板ヘルニアの場合。
    1. 最初は休息が大切。神経の炎症がおさまるには時間が必要です。
    2. 短期間のステロイド内服は有効です。通常の痛みどめはなかなか効きにくいようです。
    3. なかなか痛みの取れない場合は、硬膜外ブロック注射が有効です。
    4. それが効きにくい場合は、神経根ブロック注射を行います。
       通常の筋膜内への注射は効果が少ないので、鑑別診断となります。
  2. 腰椎圧迫骨折の場合。次のようなさまざまな方法があります。
    1. 保存的にゆくなら、まず安静臥床。骨折部が安定したら硬性コルセットをつけて動きます。
    2. 最初から体幹ギプスを巻いて、日常生活を送ってもらう。
    3. <手術> 圧迫された骨に人工骨を溶かしたものを注入し、それ以上つぶれないようにする。
  3. 脊椎腫瘍・感染(脊椎炎や椎間板炎など)の可能性のある場合。まずは、レントゲン。 疑わしければMRI、CTなどで詳しく調べます。MRIが万能だと思っている人もいるようですが、 骨の描写などCTの方が優れている部分もあります。治療法は個々の場合によって異なります。

<コメント>
 椎間板ヘルニアの場合、腰痛が消失した直後に下肢痛やしびれが出現することがあります。 これは、髄核(椎間板の中心にあるもの)が出かかると腰痛を起こし、出てしまうと神経に 炎症を起こすからだと考えられます。

症状別問診⇒    部位別問診⇒    整形外科トップページへ⇒