腰椎椎間板ヘルニア

【診断】  腰椎椎間板ヘルニア

  椎間板(腰の骨と骨の間にあるクッション)から中身(髄核)が飛び出して、神経を刺激している症状です。

【治療】

  1. 保存的治療
    1. まずは休息。神経の炎症がおさまるには時間が必要です。短期間のステロイド内服は有効です。 通常の痛みどめはなかなか効きにくいようです。
    2. なかなか症状の痛みの取れない場合は、硬膜外ブロック注射が有効です。
    3. それが効きにくい場合は、神経根ブロック注射を行います。
  2. 手術
     腰椎椎間板ヘルニアは7〜8割の場合、手術をせずに治療可能ですが、次のような場合には手術を考慮します。
    1. 尿が出にくいなど膀胱直腸障害が出現した場合。
    2. 足首を反らせない、つま先立ちできないなど、筋力低下が明らかな場合。
    3. 早く痛みをとって仕事に復帰する必要がある場合。(社会的手術適応)

<注意>
 膀胱直腸障害や筋力低下の状態がある程度続くと、回復が悪くなり障害を残すことがあります。 手術の時期を逃さないためにも、きちんとした診断を受けて下さい。

前のページへ ⇒     整形外科トップページへ ⇒