ばね指の病態

【診断】  ばね指 (弾発指)

 指を曲げる腱の通り道(腱鞘)が狭くなって腱が引っかかる症状です。

【治療】

  1. 軽い段階であれば手を休めることである程度改善します。
  2. 腱鞘内に局所麻酔剤ステロイドを注入する。初期の症状にしか効きません。 また、何回も繰り返さないほうが良いでしょう。
  3. それでも効果がない場合には、手術<腱鞘切開術>を行います。

<注意>
  1. ばね指を長い間放置すると指の運動制限が続くため、第2関節が伸びなくなる ことがあります。この場合、手術を行っても指が完全に伸びるまでに数か月か かります。
  2. 手術は局所麻酔で、所要時間は10〜15分です(もちろん日帰り手術)。手術 直後から手は使えます。長く放置して良いことはありません。ためらわず治療しましょう。

前のページへ ⇒     整形外科トップページへ ⇒