【診断】  項部の筋痙攣

  これはぎっくり腰の首バージョンといって良いでしょう。

【治療】

  1. なった直後であればうまくストレッチを行うことで改善します。
  2. ある程度時間がたった場合は、疼痛の中心となる筋肉の緊張を除いた状態を保ち、 筋肉の緊張がゆるむのを待つことです。
  3. 最も早く痛みをとり首の動きを回復する方法は、 疼痛の中心となる筋肉へのブロック注射です。
  4.  でも、注射のいやな場合は、次のような薬を補助的に用います。
  5. <内服薬> 消炎鎮痛剤や経口筋弛緩剤
  6. <外用薬> シップや塗り薬。ただし、シップは昼間はあまり貼らないほうが良いでしょう。かえって肩こりがひどくなる人もいます。

前のページへ ⇒     整形外科トップページへ ⇒