【診断】  撓骨神経麻痺

  寝ている間に前腕の母指側が圧迫されて撓骨神経が麻痺した状態です。

【治療】

 すぐに神経が回復する方法は残念ながらありません。時間が必要です。 (早くて数日、一般には数週間)それでも次のような補助的な治療は回復にはずみをつけます。
  1. <星状神経節ブロック> 上肢の血流改善が得られます。
  2. 麻痺した筋肉に対しEMSとよばれる電気刺激装置を用いて、筋委縮を予防する。
  3. <内服薬> 初期は短期間ステロイド。その後しばらくビタミンB12やB1,6を補助的に用いる。
  4. 回復が遅れそうなときは、手首を背屈した状態に保つ装具を用いる。 これによって、物を掴むのが楽になり、早期に仕事などに復帰できる。

前のページへ ⇒     整形外科トップページへ ⇒