【診断】  足底腱膜炎

  足底腱膜に長時間負荷がかかって生じる炎症です。腱の付着部の骨が突出している場合もありますが、 そうでなくても同様な症状は出現します。

【治療】

  1. 靴や足底板を調整して、足底腱膜の負担を減らす。これが基本です。
  2. 消炎鎮痛剤やシップなども多少は有効です。
  3. 炎症の強い場合は注射を行うと効果的ですが、同じような負担をするとまた再発します。

前のページへ ⇒     整形外科トップページへ ⇒